結婚して子供が欲しい!年齢に追われて焦らないための3つのポイント!

結婚して子供が欲しいと思う女性が年齢に追われて焦らないための3つのポイントを紹介中!

結婚して子供が欲しい!

子供がほしい女性

女性に対して行われる「今年の結婚に関する目標は」というアンケートで、「結婚して子供が欲しい」と答える女性が増えています。

この回答をする女性の特徴は、年齢が30代ということが挙げられます。

一般的に35歳を過ぎた頃から卵子の老化が始まると言われています。

そのため子供が二人以上欲しいと思っている女性は、できれば20代後半で一人目を産みたい・・・と思っているのです。

しかし、20代での結婚が叶わずに30代になってしまった女性は、とにかく出産のリミットまでに初産を済ませておきたいと焦りが出てしまうのです。

でも、この焦りって悪いことではないんですよ。

今のこのご時世ですから、のんびりしていると35歳を過ぎても結婚できずにアラフォーに突入ということも珍しくありません。

もちろん40代でも初産を経験する人もいますが、やはり出産のリスクは高くなるのでできれば早めに出産はしておきたいです。

だから、一日でも早く結婚したいと思うことは、悪いことどころか健全なことだと思います。

しかし、あまりにも「結婚したいオーラ」が出ていると、男性は萎縮して距離をとってしまいます。

だから本心では「結婚したい!」という強い気持ちを持ちつつ、そういう雰囲気は包み隠すのが結婚できる女性のの婚活です。

年齢に追われて焦ってしまわないようにするためには、婚活に対する心構えと少しのテクニックが必要です。

結婚して子供が欲しいと思うならば、積極的&冷静に婚活を進めていきませんか?

 

なぜ婚活がいいのか


出会いが少ないという方にとって、婚活というのは、非常にメリットの高いものです。

婚活する女性

一つのイベントにも、とてもたくさんの同性の方や異性の方が出席します。

そのため、効率良くたくさんの異性の方と出会えたり、同じように結婚願望の強い同性の方と知り合う事ができ、交流を深める事ができます。

目的は結婚相手候補になるような相手を見つける事という方が多いと思います。

しかし、必ずしもそのような目的ばかりではなく同性でも異性でも関係なく、まずは自分の知り合いを増やすという事を目的として婚活に参加するという事もおすすめになってきます。

婚活をする事によって出会いが広がるとは言われていますが、それは自分が待っているだけでは知りあう事はできませんし、次につなげる事ができません。

お互いに連絡先を交換し、婚活イベント後もコンスタントに連絡をとりあう事ができるようになれば、本当の意味で出会いと言えます。

いいなと思った人や、もっと話してみたいという人がいても、その場だけ会話を楽しむというようになってしまったりしまいがちです。

連絡先が分からずその場だけになってしまったというのでは、次につなげる事はできませんし、その時だけの付き合いになってしまいます。

出会いを確実なものにしていくためにも、できるかぎり気になった相手、仲良くなりたいと思った人が婚活で見つかれば、積極的に連絡先を交換するようにするなど、アクションを起こしてみるといいです。

 
40003895_35W_R.jpg

名前:ちも
年齢:アラサー